只今の展示作品紹介

       佐々木望・池田さやか2人展  6月28日(水)~7月3日(月)

 豊平区在住の佐々木望さん、池田さやかさん、ご夫婦による2人展。望さんは北海道総合美術専門学校を卒業、仕事の傍らアクリルによる絵を制作、今回久々の発表となります。さやかさんは、道教育大学で日本画を学び、道展会友、北の日本画展などで発表を続けています。それぞれ12点ずつ24点が壁を飾ります。望さんは自らイメージした人物を思いのままに描きだしたユニークな絵、一寸法師や牛若丸、おじぞうさんなど童話の世界「絵を見た子供たちが自分も描きたいと思ってくれればよい」と。さやかさんは色鮮やかな花や、猫、鵜、ミミズクを装飾して楽し気な姿に。作風は違いますが、夫婦ならではの息の合った展覧会、心なごむひとときお過ごし下さい。

   出品作品                                     

佐々木望:ドロップ降ってきた、冒険家のさがしもの、原始人の想い出

     一寸法師、インディアンと花、牛若丸、こっちゃんとしょうちゃん

     どこでもおじぞうさん、小人ずきんⅠ、 小人ずきんⅡ、 小人ずきんⅢ

池田さやか:ポピー、クローバー、ポピー、冬、レースねこ、鵜冠、

      レースみみずく、Table flower、すみれ、赤ずきんちゃん、みっちゃん