ふじ美 はじめてのイラスト展  5月22日(水)~5月27日(月

  西区在住の高清水富士美さん初の個展となります。長い間義父、義母、実母の介護に当たる日々を送っていました。6年前より介護に追われるなか、自身の心のよりどころとして絵を描き始める。通信教育のKFS絵本専科を受講し2016年修了、その間仲間たちとグループ展を開催。その後道新文化センターのボールペン講座に入会、ボールペン一本あればどこでも描けるというのが気に入って制作を続けています。「夢だけど夢じゃなかった」と題して猫や犬をモチーフとして自由な発想で自身の心の中にある世界を表現したボールペン、水彩によるイラスト25点を展示。他に猫や犬の手ずくり小物も飾られ、たのしく夢広がるひとときおたのしみ下さい

 

 出品作品

ねこツリー、セピア、ネコハウスを買ったのに、まだ来ませんか、ねこバンバン

はなよりひるね、試乗してみました、楽しい一日、そろそろかえろうか、ねこ月の夜

なんでもでてくるレストラン、不思議な森、夢みる頃もあった、ニャンゴル市場   アーティチョークありますか、春まつうた、たびねこピート、誰にだって秘密はある

あと何日同じ景色をみれるだろう、今日のおすすめはサバです、食べ放題ですか?

くもときどきいぬ、maison de neko、なにかごようですか、さんぽのとちゅうで