木村由紀子 小品展 9月18日(水)~9月23日(月)

   北区在住の木村由紀子さん北都館で昨年の名画の小部屋に続き3回目となる個展。

  ご主人の富秋さんと木村絵画教室を主宰。主に人物画を描いていましたが18年ほど

  前から抽象画に転じ、自らの作品世界を展開しています。全道展会員、独立展会員

  として道内女流画家の中心的な存在として制作発表。「風の韻(ひびき)」と題し

  て16点が壁を彩ります。自然の中にある景色などから発想し創り上げた絵。F20を

  2点つなげた「韻」を中心にアクリル絵の具を使い白、黒を基調とした画面、絵具

  の他粘土なども使い工夫されたマチエールの中に様々な色彩が響き合い見ごたえの

  ある絵からは自然の営みが伝わってきてエネルギッシュなパワーを感じます。清楚

  でシャレた絵の世界ごゆっくりとおたのしみ下さい。

 出品作品

変形40:

P6:  風の音

F4:  風のモニュメント

SM:  風の韻、風のモニュメント、朝の光、風の譜、

F0:  陽だまり、虹色の海、風の譜

紙にアクリル:夕映え、星夜、夕映え、虹立つ、夕映え、韻