市橋節こ 展

北区在住の市橋節こさん、昨年に続き2回目となる個展です。アクリル絵の具で描いたSMからF20まで20点の作品を展示。「ひかり在るもの」を題して太陽や月などの光のなかに、デフォルメされた人物を配した半具象の作品。ブルーやイエロー、様々な赤色で彩られた画面は、砂なども使い工夫され、重厚なマチエールが引き立ちます。ライトを浴びて光輝く作品からは、壮大な宇宙のなかでの生命感が感じられます。夢に満ちそれぞれの想いがつたわる創造の世界、ごゆっくりとお過ごし下さい。