2015年

4月

15日

谷地元麗子 日本画展

江別市在住の谷地元麗子さん北都館で初、4回目の個展。道教育大を卒業、平成10年道展に初入選、昨年は会友賞。北の日本画展にも出品を続け、武蔵野美術学院に勤務、サッポロ未来展の中心メンバーとして活躍しています。高校3年から猫を描いて細密な描写により裸婦と猫が描かれた大作が印象的です。今回は「猫ずくし」と題してSMからF10まで15点を展示。様々な場面に描かれたリアルな猫好きにはたまらない愛らしい表情の猫たち。日本画の繊細で美しい色彩で表現された猫に囲まれ癒しのひとときをお過ごし下さい。