2015年

6月

22日

加藤清江メモリアル展

大正3年小樽に生れた加藤清江さん、生誕100年を記念しての展覧会。道展会員、一水会会員としてパリでも制作活動。平成11年85歳で逝去。生前より回顧展を願っていたことから長女峰さんが16年大通美術館で開催するなど、母の意志をついで保存し、昨年には、小樽共育の森学園に作品を寄贈、展示も。今回は花や裸婦を中心に23点の油彩を展示。エネルギッシュな人柄から生み出される勢いのある筆致、豊かな色彩による作品。峰さんの想いと共に楽しんでいただけたら幸いです。