北のふくろう展

シマフクロウは国の天然記念物で絶滅危惧種に指定され、厳しい自然環境の北海道中東部おもに知床に生息しています。昔からアイヌの間では森の守り神として崇められています。ベテラン作家二人によるフクロウをモチーフとした展示です。木彫工芸家の小坂耀一さんはくるみ、せん、しなを材料としてレリーフ15点、立体6点やブローチなどの小物を展示。木版画家の手島圭三郎さんは細かい線描で生き生きと力強く表現した木版画16点を展示。木のぬくもりとなつかしさ漂う作品世界ごゆっくりとお楽しみ下さい。