中吉功展

清田区在住のベテラン画家中吉功さん、北都館では初の個展。道展会員、グループ環の中心メンバーとして発表を続けています。「風薫る花と風景」と題し油彩17点、淡彩3点を展示。釧路湿原や美瑛の丘などの風景や自然の花を、観たものの形を具体的に描くのではなく、雰囲気を大事にして、空気の揺れを流れるようなマチエール、明るく澄んだ色彩で現わし、独特の情感を創り上げています「絵が大好き」という作家の想いがいっぱい詰まった絵の世界。ごゆっくりとおたのしみ下さい。