佐藤弘法小品展

東区在住の佐藤弘法さん初の個展です。東陵高校の美術教師を務め、全道展会友として油彩の制作を続けています。「空気を描く」と題しF15からミニサイズまで22点を展示。人物のモチーフが主体で、愛しいふたりの娘さんや、みじかな女性を表情豊かに描き、また麻布を使いマチエールなども工夫されています。学校から眺めた「雨上がりの札幌」は布地に水彩で描かれワイドな画面が眼をひきます。他にアクリル、パステルの作品も。物の見える表面だけでなく、見えない部分の空気感、雰囲気も伝わってきます。落ち着いた絵の空間ごゆっくりとおたのしみ下さい。