佐藤香織点描画展

北区在住の佐藤香織さん2年ぶり3回目の個展です。作品ずくりに時間のかかる仕事。丸ペンを使い点の濃淡で描く絵、手間がかかる分出来上がった時の達成感がたまらないと。モノクロームや色付きペン、水彩、アクリルで彩色された24点が並びます。身近な物からイメージを膨らませ創るオリジナリティー溢れる作品。235×90の大作は壁を埋め尽くし壁画のようで物語が詰まって見応えがあり、根気よく描いたものだと感心。新しい試みの手描きの絵をコラージュした作品も。他にポストカード、眼鏡ふき、ブローチ、マグネットなどの小物もたくさん。かわいらしく、たのしい夢にあふれた展示。点描画の魅力を多くの方に知っていただけたら・・