2016年

1月

11日

小笠原実好山岳スケッチ展

苫小牧市在住の小笠原実好さん3回目となるスケッチ展。行動展、全道展では重厚な抽象画を発表、20歳のころより山のぼりを始めスケッチを続けるなど多彩な才能を発揮しています。今回は今はなき山小屋を中心に花、かわいいリスなども、ニペソツ山は大きな画用紙に描かれ迫力満点。また昨年夏に訪れたカムチャッカの景色はなじみが薄く日本とは違った空気感が伝わってきます。全部で50点もの絵が並びます。山の魅力感じ取っていただけたら・・・・