2016年

5月

18日

小堀清純水彩画展

道彩会代表、白日会北海道支部長として活躍している小堀清純さん、北都館では5年ぶり2回目となる個展。重厚な静物画が定評ですが、今回は風景画21点を展示。かつて訪れたフランスやイタリアの景色、資料館などの札幌風景、石狩の海、旭岳、小樽塩谷駅などを透明水彩、不透明水彩を使い、リアルな描写で水彩画とは思えない描き込みで表現され、異国の空気感、四季の移ろいが伝わってきます。新たな試みの8号変形を用いた横長や縦長サイズは、より奥行き広がりある画面になっています。多様な風景画ごゆっくりとおたのしみ下さい。