佐藤萬寿夫展

西区在住の佐藤萬寿夫さん北都館で6回目となる個展。病気後も色鉛筆によるドローイング作品の発表を続け、年々絵は力強さを増しています。今は新道展もやめて自分の制作に専念する日々、もう来年の目標も決めているようです。今年描かれた色鉛筆による新作21点、病気前に描いた油彩、ポスターカラーによる静物画8点。どれも萬寿夫さんの持ち味が感じられ、見る側に生きる勇気を与えます。豊かな発想と彩やかな色の絵に囲まれて、心安らぐひとときおたのしみ下さい。