中吉功展

7月の名画の小部屋の展示はじまりました。昭和45年道展会員となり、グループ環の中心メンバーとして制作発表を続けるベテラン画家中吉功さん。絵をこよなく愛し、見たものの形を具体的に描くのではなく雰囲気を大事に流れるようなマチエール、明るく澄んだ色彩で独特の情感を創り上げています。F0からF10まで11点展示。清々しい札幌風景、美瑛の丘の景色、茶と白で彩られた湿原晩秋、赤や白の可愛い花たちも。風薫る花と風景ごゆっくりとおたのしみ下さい。