2016年

8月

01日

神田絵里子絵画展

鹿追町在住の神田絵里子さん、日勝さんの長女で2歳の時死別、父の記憶はほとんど残っていないと言うが、幼い頃より絵に親しみ高校時代は美術部で素晴らしいデッサン力を発揮。仕事の傍ら独学で制作を続け昨年帯広信金ギャラリーで初個展。今回は地元然別湖の風景を中心に油彩17点展示。日勝さんのエスプリ受けついだリアリズムの世界「力強く印象的な父の絵との作風の違いも楽しんでほしい」また「草木が成長する勢いや匂い、空気の暖かさも伝わるようにした」と写実表現で描いた自然の美しさ、特に水辺に魅かれます。優しくまじめな人柄伝わる絵、心ゆくまでおたのしみ下さい。